門真市の訪問マッサージは癒按 (ゆあん)


当院は門真市で在宅訪問マッサージを行っています。癒按 (ゆあん)では患者さまだけでなくご家族の皆様にも笑顔あふれる施術を心がけています。女性の施術者ならではの気遣いや心配りで、多くの患者様にご利用いただいております。

訪問マッサージとはどういうサービスですか?

訪問マッサージとは国家資格を持ったマッサージ師が健康保険を使って、通院が困難な方や医療上マッサージを必要とされる方のご自宅や施設へ直接お伺いし、ご自宅や施設等でマッサージ施術を受けることが出来る、在宅・訪問・出張型マッサージです。

「もっと早く知っていれば良かった!」
「困ってる友人に教えてあげたい!」

様々な苦労をされ、人知れず我慢して不安を感じていた患者様や、そのご家族様からよく言われます。
医療保険が適用されますが、ほとんどの方は知る切っ掛けは無いので、利用者の方には、「もっと早く知っていれば、こんな苦労はなかった」という感想をいただきます。

当院の訪問マッサージ・リハビリの特徴

  • 医療保険が使えるので介護保険の枠を気にしなくてよい
  • 保険適用で1回約300~550円で慢性疾患でも継続しやすい
  • 国家資格所持なので医学的な知識と経験があり安心です

こんな方が訪問マッサージを利用しています

治療院に一人では通えない方

  • ご自身では歩いて病院や整骨院に通うことが困難な方。
  • 外出(通院など)はタクシーがないと無理な方。
  • 認知症などで外出が不安な方。
  • 歩くことは出来るが、転倒の不安がある方。
  • 杖や歩行器が手放せない方。
  • 車イスが必要な方。
  • 寝たきりの方。
  • 著しく足の筋力が低下している方。

リハビリが必要だけど介護保険が足りない方

  • 医療保険なので介護保険の枠を気にしなくて良いので助かる。
  • 自分で出来る事は自分でしたいのでリハビリを頑張りたい。
  • ご家族の負担を減らしたい。
  • まだまだやりたい事がある。

痛みやシビレがつらい方

  • リハビリや機能訓練を頑張っているが疲れて痛くなってしまう。
  • 痛みやシビレの原因が不明
  • 痛みやシビレの原因がストレスや自律神経の問題と言われ、症状が軽減しない。
  • 変形性膝・股関節関節症や脊柱管狭窄症の為、痛くて歩けない。
  • 変形性膝・股関節症や脊柱管狭窄症で手術が必要と言われたが、手術は極力避けたい。

その他にも…

  • このままでは、寝たきりになってしまうのではないかと不安な方。
  • 雰囲気を変えて欲しいご家族・関係者の方々。
  • 心臓疾患があり、近くのお店まで歩くことが出来ない方。

など、沢山のご依頼を頂いております。

訪問マッサージをご利用するまでの流れ

当院では、患者様に訪問マッサージの効果を知って頂く為にまずはお試し無料体験を行っています。ご自宅で一人で動けない方がいらっしゃる場合、ぜひお気軽にご相談ください。

まずはお電話でご相談ください

はじめて訪問マッサージを利用される場合は、いろいろな不安があると思います。是非一度、直接お電話やメールでご相談してください。お悩みを解決させていただきます。

無料体験でお試しください

当院を安心してご利用いただけるよう、はじめての患者様には、無料で訪問マッサージを行っております。一度体験すれば当院の良さを理解していただけると思いますので、ぜひご利用ください。

ご希望の日程よりマッサージを開始します


当院の無料マッサージでご利用を決めて頂きましたら、ご希望の日程よりマッサージを開始させていただきます。体の悩みや心のケアなど、様々な面で患者様の健康をサポートさせていただきます。

私が訪問マッサージをしている理由

「緊急招集です!震災ボランティアに参加できる方はご協力お願いします!」そう私の元に連絡が来たのは1995年1月18日。阪神大震災の次の日でした。その頃私は整体の学校を卒業し、自身の成人式を終えたばかりでした。
慌てて準備を整え夜通し歩いて東灘区の小学校の校庭仮設テントに到着出来たのは、次の日のお昼前でした。そこには目を疑うような光景が広がり、様々な不調を訴え暗い表情で肩を落とし順番待ちされている方々が…
まだ、技術も経験も全くない私ですが、少しでもお力になれたら!その一身で施術を行いました。何人も何人も行列は尽きる事なく施術は続きました。
その中で、一人のお母さんと出会いました。その方は気力も失い、暗い表情で口数も少ない状態でしたが、施術が進む内に少しずつお話をして下さいました。家を失ったこと。大事な息子さんが亡くなられた事…施術が終わる頃には二人とも涙が止まりませんでした。
帰り際、その方は「息子は人助けが出来る仕事がしたい!と言っていた。貴方と息子は同じ年。息子の分まで人助けをしてあげて欲しい。貴方を待ってる人は沢山いるから!いつか、落ち着いたら尋ねて来て!一緒にお茶飲みましょう!」と背中を押してくれました。区画整理もあり、結局そのお母さんを探し出す事は出来ませんでしたが、あの日の事を忘れた事はありません。その後、知識と経験を深める為に専門学校に通い様々な職場で修行を積ませて頂きました。
そしてある日、「寝たきり状態の方のマッサージをお願い出来ませんか?女の先生が良いと言ってらして…」と知り合いの先生から連絡を頂きました。伺うと、ベッドの上で力なく横たわり気力もなく暗い表情の女性が居ました。口癖のように「早くあの世へ行きたい、生きてても意味がない…」と。「少しでも生きる勇気と希望を与えられたら!」と笑顔を絶やさず優しく施術を続けました。徐々に笑顔も増え、色々とお喋りもして下さるようになりました。
そして、ある衝撃の一言が!「震災の時に、息子と同じ年だった女の子に施術してもらったのよ。」と!はっきりと顔は覚えてませんでしたが間違いなく、あの時のお母さん!
「それ私ですよ!一緒にお茶飲む約束したじゃないですか!」まさか、こんな偶然があるとは思ってなかったです。
その後二人の共通の目標は「オシャレして一緒に喫茶店に出掛ける」になり、機能訓練にも一生懸命取り組んで下さいました。残念ながら歩いて喫茶店に行くことは出来ませんでしたが、娘さんと3人で念願の喫茶店に行くことが出来ました。その時に「私のように家から出られず生きる希望を見失ってる人を助けてあげて!」と、あの頃のように背中を押してくれました。家から出られず、様々な悩みや痛みを抱えている方々の為に私が出来る事を!訪問専門にしよう!と決めたのは、この事が大きなきっかけでした。

院長の紹介

○岡本 綾子(おかもと あやこ)
1975年2月12日生まれ O型
大阪府大阪市鶴見区出身
門真市在住
○国家資格
厚生労働大臣認定
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師
○仏眼鍼灸理療学校 選科卒
○履正社医療スポーツ専門学校 柔道整復師科卒
○趣味:アウトドア・ドライブ
○目標:元気になったおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に喫茶店に行く約束を叶える事